事務所の概要
About us
業務内容
Practice Areas
弁護士・弁理士
Professionals
案内図
Access
TOPに戻る
Back to TOP
<弁護士・弁理士>
所長
弁護士・弁理士  竹 田  稔(たけだ みのる)
Minoru Takeda

経歴
    1956年     中央大学法学部卒業
1958年 宇都宮地裁判事補任官
長野地裁諏訪支部、東京地裁、函館地裁を経て、
1968年 函館地裁判事
東京地裁、静岡地裁浜松支部、東京地裁八王子支部を経て、
1983年 東京高裁判事(第6民事部(知的財産権部)所属)
1991年 東京高裁部総括判事
1998年 任期終了退官
1998年 弁護士登録(東京弁護士会)、竹田稔法律事務所開設
弁理士登録

公的活動等
    経済産業省産業構造審議会委員(特許制度小委員会、商業制度小委員会)
(財)知的財産研究所の各種調査研究委員会委員
慶應義塾大学法科大学院 客員教授(知的財産法担当)
BRC(放送と人権等権利に関する委員会)委員長

その他、これまでに工業所有権審議会委員、内閣府の総合科学技術会議専門委員・知的財産戦略推進本部専門調査会委員として、知的財産法の改正、知的財産についての国家の基本政策に関与。

著書・論文
(著書)
「特許審決等取消訴訟の実務」(発明協会、1988年)
「知的財産権侵害要論(特許・意匠・商標編 第5版)」(発明協会、2007年)
「知的財産権侵害要論(不正競業編 改訂版)」(発明協会、2003年)
「名誉・プライバシー侵害に関する民事責任の研究」(酒井書店、1982年)
「(増補改訂版)プライバシー侵害と民事責任」(判例時報社、1998年)
「民事執行の実務(抵当権実行・強制競売・強制管理編)」(酒井書店、1980年)
「民事執行の実務(動産執行・債権執行・船舶航空機自動車執行編)」(酒井書店、1981年)
(編著)
「特許審査・審判の法理と課題」(発明協会、2003年)
「特許審決取消訴訟の実務と法理」(発明協会、2002年)
「ビジネス方法特許」(青林書院、2004年)
「新・裁判実務大系第9巻 名誉・プライバシー保護関係訴訟法」(青林書院、2001年)

その他共同執筆著書・論文多数
弁護士・弁理士一覧に戻る
Back to list of Professionals